産後ダイエットをするなら健康的に~あなたと赤ちゃんのために~

体内環境の考慮が必要です

ウエスト

栄養素の摂取が必要です

授乳中に産後ダイエットを行うケースが多いため、基本軽い運動や無理のない食事コントロールで行っていく必要があり、ダイエット食品などはあまり使えません。そのため、健康食品を取り入れるのであれば、授乳中でも問題ないビタミンやミネラルが含まれたものとなります。授乳中でも飲めるサプリメントやドリンク等の中にビタミンやミネラルが多く含まれたものがあるため、それらも上手に使うとよいことが言えます。ビタミンとミネラルはエネルギーを効率よく燃焼する働きがあるため、ダイエット効果があるとされています。また、ビタミンやミネラルを摂ることで授乳中の赤ちゃんの発育をより促すことが出来ます。そのため、いずれにせよ積極的なビタミンやミネラルの摂取が必要と言えます。

体質の話です

そもそも妊娠中は特に脂肪がたまりやすい体質になっていることから体重が増えやすくなっています。妊娠中は余程肥満と判断されない限り基本ダイエットは出来ません。したがって、太った場合は産後でダイエットを行うことが望ましいとされています。産後ダイエットは産後の痩せやすい体質を利用するダイエット方法となっています。産後は妊娠中にたまった脂肪が排出されやすい体質となっています。特に授乳という形で体重が落ちやすくなっています。体質的にも育児という点(6カ月以降は離乳食が入ってくるため)からも産後6カ月が産後ダイエットに適しているとされています。ただし、ある程度出産から体力が回復した後で産後ダイエットを行うのが望ましいとされています。

Copyright© 2016 産後ダイエットをするなら健康的に~あなたと赤ちゃんのために~ All Rights Reserved.